窓の種類について

こんにちは!

マイホーム計画お役立ちブログのtakaです。

私は現在、1週間あたり7〜10組のお客様に対して、基本間取り図の打ち合わせから、設計図(詳細図や電気図)のお打ち合わせまでを担当しております。

流れとしては、

  1. お客様のご要望をヒアリング
  2. ヒアリング内容を基本に初回プランご提案
  3. 初回プランより「ここをこうしたい!ああしたい!」という変更点を反映したプランをご提案(2回目)
  4. 3~4回目で間取りの大筋が決まり、詳細の打ち合わせへ
    詳細打ち合わせ内容は、「窓」からはじまり、建具、棚板、コンセント・照明・スイッチ、建物配置などを打ち合わせします。
  5. ここまでの打ち合わせ内容を振り返り、問題なければ基本設計終了→実施設計へ
  6. 実施設計は主に「詳細図」という図面を作成し、設計図を完成させてゆきます。

このような形となります。

設計の打ち合わせを進めてゆくうえで、間取りの大筋が決まった後打ち合わせする「詳細」については計画が具体的になり、とても大切な内容となります。

その中でも「窓」については、そのほかの部分と違い、後の変更ができないことが多いので、情報を集め慎重に決める必要がございます。

「窓」が後で変更できない理由は、、、

  • 壁で地震に耐える木造住宅において、「窓」は耐震性能に大きくかかわるから
  • 壁よりも保温力が劣る「窓」は断熱性能に大きく影響を与えるから
  • 法律的に「窓」による採光・換気が求められ、基準を満たさなくなる恐れがあるから

このような事からです。

前置きが長くなりましたが、「窓」のお打ち合わせはとても重要な項目となりますので、皆様のお打ち合わせに少しでもお役立ちできるように、いつもお客様へご説明している内容を書いてみたいと思います。

今回のブログ記事で解ることは、、、

  1. 引き違い窓、滑り出し窓、FIX窓の特徴
  2. 皆様に選ばれる窓の形状
  3. 私が自宅の窓で後悔したところ

以上となります。

引き違い窓、滑り出し窓、FIX窓の特徴

・引き違い窓

LIXIL SAMOS-X

引き違い窓は間違いなく、ほとんどの方が知っているとてもメジャーな形状となります。

横にスライドさせる事で開閉でき、どんな方にも使いやすい窓となります。

しかし高気密高断熱住宅が求められる昨今、断熱性と特に気密性能の低さから、お客様からは最小限の箇所数で
選ばれている印象です。

主に掃き出し窓の用途で選択されています。

・滑り出し窓

横滑り出し窓
LIXIL SAMOS-X
縦滑り出し窓
LIXIL SAMOS-X

こちらは「横すべり」「縦すべり」の2種類がございます。

「横滑り出し窓」は横軸を機軸に外に向かって開くのに対し、「縦滑り出し窓」は縦軸を機軸にして開くまどになります。

引き違い窓と違い、網戸が室内側につくのが特徴で、動線が「窓を開ける」→「網戸を閉める」と2段階になります。

さらに「縦滑り出し窓」は外に向かって直角開くことで、風を取り入れることに優れる「ウインドキャッチ」効果がございます。

ウインドキャッチ
LIXIL HPより引用

・FIX窓

FIX窓
LIXIL SAMOS-X

こちらの窓は、上の写真の通り開閉機能のないシンプルな形状となります。

開閉機能がないということは、網戸もないということになりますので、コストを抑えることができます。

ピクチャーウインドウとして使われることも多々ございます。

皆様に選ばれる窓形状

先にも書きました通り、 私が1週間あたり7〜10組 のお客様と打ち合わせをしていて、間取りプランの中で場所ごとに窓を決めてゆきます。

ここ数年の傾向で、引き違い窓が選ばれる割合が本当に少なくなりました。

理由は上にも書いた通り、断熱・気密性能の低さともう一つは、そもそも窓を開けないという事からです。

これに関しては近年本当に考えが変わったなと感じでおります。

数年前の「パッシブデザイン」の考えとしては、「夏季は窓を開け通風を得る」でしたが、
近年猛暑の夏が続き、すっかり窓を開けなくなったと考えます。

さらに夏以外の時期も「花粉」や「黄砂」などで、やはり窓を開けなくなってしまいました。

それらの理由から、私が窓の打ち合わせをしていて感じる一番選ばれる窓形状は、、、

私が自宅の窓で後悔したところ

まずは下の写真をご覧ください。

「FIX窓」になります。

子供が「横滑り出し窓」のオペレーターハンドルを触っております。

私は結婚1年目に家を建て、当時は夫婦二人で子供が生まれていなかったので、窓も機能性を優先して決めました。

写真の窓はランドリールームの窓で、干した洗濯物に風を当てられるよう開閉できるものとしています。

その結果が、子供が簡単に開けられてしまって危ない、、、という事です。

この写真のように特に2階以上の階に設置する窓は、「デザイン」「機能性」だけでなく「安全性」という部分も検討する必要がございます。

ちなみにこの窓は最終的に、、、

ハンドルを取られてしまいました、、、

以上となります。

今回のブログ記事が少しでもお役立ちできると嬉しいです。

次回もよろしくお願いいたします。

マイホーム計画お役立ちブログ

作成者 taka

「間取りのセカンドオピニオンチェック受付中」↓

打ち合わせ中の間取りをセカンドチェックします 間取り決定の前に、他社の現役設計士の意見を聞きませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA